PR

週休3日の企業一覧【2024年】

週休3日の企業一覧【2024年】 転職
スポンサーリンク
悩んでいる人
悩んでいる人

週休3日の企業には、どんな会社がありますか?

こんな悩みにお答えします。

近年、ワークライフバランスの重要性が増し、週休3日制度を導入する企業が増加しています。

この記事では、週休3日制度を導入している企業をリストアップし、その特徴や福利厚生について紹介します。

スポンサーリンク

週休3日のデメリット

週休3日制度は、従業員が週に3日の定期休暇を取得することができる労働制度です。

この制度には、いくつかのメリットとデメリットがあります。

生産性低下の懸念

週休3日制度によって、従業員の出勤日数が減るため、仕事の生産性が低下する可能性があります。また、週に3日間も休暇を取得することで、仕事に復帰する前に課題や業務内容を忘れる可能性もあります。

サービス業への影響

週休3日制度は、製造業やIT企業などの産業には適用しやすいですが、サービス業には適用しにくい場合があります。特に、店舗の営業時間が限られている場合は、週休3日制度を導入することが難しいというデメリットがあります。

労働時間の長さ

労働時間の長さが挙げられます。週休3日制度が導入されると、1日あたりの労働時間は通常よりも長くなりがちです。

また、従業員の数が減少する場合は、残業や代替勤務などが発生し、負荷が増大する可能性もあります。

これにより、ストレスや疲れが蓄積され、健康や生産性に影響を与えることがあります。

さらに、週休3日制度が導入される場合、従業員同士のスケジュール調整が必要になることもあります。例えば、同じプロジェクトに関わる従業員たちが、それぞれの週休日が異なる場合、コミュニケーションや調整が難しくなることがあります。

財政的負担が大きい

また、週休3日制度は、従業員のみならず、企業側にとっても財政的負担が大きいことがあります。

従業員の数が増えたり、業務量が増加したりすると、その分のコストを企業が負担しなければなりません。

また、従業員が休暇を取る際にも、その期間中の生産性や業務量に対して、給与や手当を支払わなければなりません。

スポンサーリンク

週休3日のメリット

週休3日にはメリットもあります。

ワークライフバランスの改善

週休3日制度により、従業員は仕事とプライベートの時間をより均等に分けることができ、ストレスの軽減や身体的・精神的健康にも良い影響を与えます。

省エネルギー効果

週休3日制度により、従業員の出勤日数が減ることで、オフィスのエネルギー消費量も減少します。電気や水道代などの光熱費や、事務用品などの経費も削減されます。

仕事の効率化

週休3日制度により、従業員が仕事に復帰する前に十分な休息を取ることができるため、仕事に集中しやすくなります。

その結果、仕事の生産性が向上し、効率化が進むことが期待できます。

人材確保のアピール

週休3日制度は、企業にとって従業員を確保するためのアピールポイントにもなります。

特に、ワークライフバランスを重視する若年層や女性層など、働き方に関心のある人材を採用するために有効です。

以上のように、週休3日制度にはメリットとデメリットがあります。

従業員にとっては、プライベートの時間が増え、健康にも良い影響を与えることが期待できますが、労働時間の長さやスケジュール調整の難しさなどが問題となることがあります。

一方、企業側にとっては、財政的負担が大きいという問題がありますが、従業員のモチベーション向上や生産性の向上などが期待できることもあります。

週休3日制度の導入を検討する場合は、メリットとデメリットを十分に把握し、総合的な判断をすることが大切です。

関連動画:【静かな退職】若新流は「週休4日で月15万」コロナ禍で価値観も変化?”新しい働き方”を考える【若新雄純】

週休3日の企業一覧【2024年】

働き方改革に興味があるあなたへ、今回は、週休3日制を導入している企業について紹介します。

週休3日制を導入する企業は増えています。

なお週休3日制度を導入している企業は多岐にわたるため個々の企業の勤務条件や福利厚生なども確認してみることが大切です。

週休3日制とは、1週間に4日働いて3日休むという働き方のことです。週休2日制と比べて、プライベートの時間が増えるだけでなく、仕事の効率やモチベーションも高まるというメリットがあります。一方で、給与やキャリアに影響が出る可能性や、仕事と家庭のバランスが難しくなるというデメリットもあります。

では、具体的にどのような企業が週休3日制を導入しているのでしょうか。ここでは、日本国内で週休3日制を取り入れている主な企業を一覧にしてみました。

※最新情報をご確認ください。

ZOZO株式会社

創業者の前澤友作氏が、従業員のワークライフバランスを重視し、週休3日制度を導入。

2019年度からはチームを2つに分ける交替制を導入し、水曜休としました。また、育児休暇取得率100%や、慶弔休暇なども充実しています。

エムスリー株式会社

医師向けの転職サイト「M3キャリア」を運営する同社では、週休3日制度を導入。

1日の労働時間は変わらず、給与は週休2日に比べ、5万円ほど安くなります(入社時)。

また、リモートワークや時短勤務制度もあるため、働き方に柔軟性があることが魅力です。

フリュー株式会社

スマートフォンアプリの開発・運営を行う同社では、週休3日制度を導入。

また福利厚生も充実しており、社員旅行や社員食堂などもあるそうです。

サイバーエージェント株式会社

インターネット広告代理店を中心に事業を展開する同社では週休3日制度を導入。

また社員が自己成長を促進するための研修制度も充実しています。

イギリスの企業

また、英国では61の企業が給与はそのままで週休3日制(週4日勤務制)を実施する実験を行いました。

その結果、参加した企業の約90%が制度の継続を決めたという報道もあります。

あいおいニッセイ同和損害保険株式会社

週休3日ではありませんが、完全週休2日制であり、産休育休の取得復職実績もあります。

また、従業員の健康管理にも力を入れており、健康診断の実施やストレスチェックの実施なども行っています。

佐川急便

物流業界の大手企業です。2017年から正社員のトラック運転手に週休3日制を導入しました。出勤日は1日10時間働き、給与は変わりません。休日は他の仕事との兼業も認めています。

ヤフー

インターネット業界の大手企業です。2017年から育児や介護中の従業員に週休3日制を導入しました。土日に加えて週にもう1日の休暇が取得できます。

ユニクロ

ファストファッション業界の大手企業です。転勤のない地域正社員に週休3日制を導入しました。出勤日は1日10時間働き、給与は変わりません。休日は平日に3日取ります。

日本KFCホールディングス

ファストフード業界の大手企業です。2016年から出勤日時限定社員という形で週休3日制を導入しました。出勤日数や1日の勤務時間を自由に決めることができます。

日本IBM

IT業界の大手企業です。2004年から週休3日制を導入しました。週3日勤務、4日勤務、5日勤務(労働時間がフルタイムの6割と8割)の4つから選べます。給与はそれぞれフルタイムの50%と70%になります。

その他

例えば、アウトドア業界では株式会社アルペンが週休3日を導入しています。

以上が、週休3日制を導入している企業一覧です。

このように、さまざまな業界や規模の企業が週休3日制を取り入れていますが、実際に働く際には自分に合った働き方を選ぶことが大切です。週休3日制に興味がある方は、ぜひ参考にしてみてください。

週休3日の企業一覧【2024年】|まとめ

週休3日制度は、従業員のモチベーション向上や健康増進にも繋がるため、注目されている制度の一つです。

この記事では、週休3日制度を導入している企業の中から、特に魅力的なものをピックアップし紹介しました。

企業選びの際には、週休3日制度だけでなく、その他の福利厚生や勤務条件もチェックすることが大切です。

今回は、週休3日の企業一覧【2024年】、についてお送りしました。この記事がご参考になれば幸いです。

1988年生まれ。物書き/ゆるミニマリスト。Kindle本ランキング1位獲得!
会社員→フリーランスとして奮闘中!東京→福岡へ地方移住しました!読者の方々の役に立つ文章を第一に心掛け、精力的に活動中!旅行と音楽を愛しています。

原文 パパをフォローする
転職
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました